BtoCの購買行動について

BtoCの購買行動について

その中でも広く世間的に良く知られてる消費者購買行動モデルがあげられます。ある意味共有(Share)を意味しています。

消費者行動モデルでこの上なく良く知られているものがAIDMAでしょう。AIDMAに対し、インターネット時代の特徴を取り入れたモデルがAISASです。

AISASの特徴的な部分は最後のSです。まず新品の段階(A:興味)では、広告に多少なりとも注意を払います。

このモデルは、一説によれば1920年代に提唱されてるよという情報もあげられます。BtoC(企業ー消費者の取引き)には、数すべての商品やビジネス構築があるのです。

次に関心(I:Interest)を抱き、そうして欲しく(D)なって、その製品を記憶し(M)、そして購買行動(A)にうつします。その為、購買に至るまでの消費者の「広告」に比較する心理の変化を示しているのです。

ブログやSNS、掲示板等に感想を書き込む行為がここにあたる。つまり関心を持ったら早々にケータイやパーソナルコンピューターを交えてインターネットで調べるという意味合いでしょう。

AIDMAとAISASは、3段階目から異なるのでしょう。AIDMAは、企業の広告や宣伝への消費者の反応を購買段階に照らし合わせて表現したモデルです。

しかしていながら、店頭でしか購入できませんもの、店頭で実物を確認やりたいものの購買には十分に現在でもあてはまるモデルです。石けんや歯ブラシにみようかな価格が安く続けて利用するものから、衣類や食品など好みに依存するものも含みまして多種多様です。

そしてすぐさま購買(A)です。今のインターネットや通信が発到達した時代であれば、欲しくなった(D)ら、電話やネットで即購買ボタンをクリック(A)ということも少なくないです。

AISASの空前のSは検索(Search)です。



BtoCの購買行動についてブログ:17-10-17

残念ながら意味ないいわゆる企業間取引戦略を実践されていませんか?中でも特に顧客の悩み解決などを意味の無い方法で実践をしている人も多いようで、企業間取引の失敗要因になるので注意しなければいけません。


複数の企業間商取引戦略が雑誌やテレビなどで届けられています。頼りにならない情報も中には結構あるので、独立開業の企業間商取引ブログなどもチェックをしてみてみてください。
BtoBコンサルトに訪問者様はご相談されたことはありますか?コンサルト会社などにはなしをするのもたしかに良い方法の一つですが、極めて必須なのは不安払しょくなのです。


最初にビジネスネットやビジネス誌などのコンサルト会社を選ぶ際には、いくつかの情報を参照して、BtoBコンサルトの実績を理解をしておくことがとっても大切です。


世の中、B2Bで失敗している会社はかなり多くいます。そんな失敗を何度も繰り返さないためにも、正確な知識の企業間商取引戦略で的確な設計で行うのが最も良いです。


BtoBコンサルタントをセレクトする際には、とにかくまずはウェブや雑誌等のいくつかの情報を確認をして、BtoBコンサルトの実績を理解をしておくことが非常に重要です。
あなたは全く間違ったBtoB戦略をしていないでしょうか?よく知られる顧客の悩み解決などを不完全な方法で実践をしている人も多いようで、企業間取引の失敗要因になるので注意しましょう。
「企業間取引の成功を獲得した人に自社もなってみたい」など検討している場合は、ネットで企業間取引戦略についてきちんと覚えておくことが大切です。



ホーム RSS購読 サイトマップ