BtoBとは

BtoBとは

たとえると、スーパーマーケットなど一般消費者が取引相手となるBtoCでは、まったく完成品の売買が中心で、商品のPRを行うためにCMや営業活動を必要とします。現在では就職活動で企業の特性を表す際に「BtoB企業」や「BtoC企業」などの使われ方をするためになってきた。

BtoB、BtoC、BtoGは、そのうちも物品の売買やサービスの提供を行います。BtoBなど、これの用語はもともとインターネット上の商取引で使われておりました。

そうして、取引相手がある程度固定されてるため、テレビCM等が必要とされない。ではBtoBでは具体的にどういうなものを扱っていますのだろうか。

ですから、一般消費者がBtoB企業の名を目にする機会は多くないものの、BtoCに比べて取引量は膨大であって安定した企業が沢山とされます。BtoBは「企業間取引」という意味を持ちます。

「BusinesstoBusiness」の頭文字をとったもので、企業が企業を相手に商取引を行うことを指します。一方のBtoBは、主に素材や部品の取引を行います。

ただし、相手が違えば扱う物品や戦略も違いましていきます。これに対して、企業が一般消費者を対象に行う事業を「BtoC(BusinesstoConsumer)」、企業が公的機関を対象に行う事業を「BtoG(BusinesstoGovernment)」という。

今後は、BtoBで生産コストを抑え、BtoCで効率的な販売を行うという、おのおのの長所を取り入れた「BtoBtoC」というスタイルをもつ企業も増加してくるのでしょう。



BtoBとはブログ:18-01-19

皆様は意味ない企業と企業取引戦略を継続していませんか?よく知られるニーズ調査などを意味の無い方法で続けている人が多い傾向にあり、俗に言うBusinesstoBusinessの失敗要因になるのでお気をつけ下さい。


いわゆる企業間取引戦略が知られている今、驚くほど簡単に商品信頼性拡大が可能なハズです。一人で進行するのではなくコンサルト会社などに相談することでより一層理想的に企業と企業の取引戦略が出来ますのでおすすめです。
貴社の信頼性向上がb2bでは重要課題です。間違えの無い知識を勉強をして企業の信頼性アップは始めていくことがもっとも企業同士商取引で大切と言えるでしょう。
大変簡単ないわゆる企業間取引を考えている場合にはコンサルト会社なんて推奨しますよ。的確なノウハウで魅力的な企業間取引を現実的にすることができるのが魅力です。


貴社の信頼性向上がb2bでは重要課題です。間違えの無い知識を勉強をして企業の信頼性アップは始めていくことがもっとも企業同士商取引で大切と言えるでしょう。


企業同士商取引戦略にノースケジュールほど間違えた知識は無いと考えます。俗に言うBusinesstoBusinessは抜くこと無くマーケティング活動を実施し御社の信用度向上をとにかく実践することが大切と言えるでしょう。


ショップに出向くことなくb2b戦略の勉強がオンラインを利用することで、可能!びっくりするほどコンサルト会社のサイトでしたら勉強になりやすいので企業同士商取引戦略にとっても便利でお得です。



ホーム RSS購読 サイトマップ