BtoBとは

BtoBとは

たとえると、スーパーマーケットなど一般消費者が取引相手となるBtoCでは、まったく完成品の売買が中心で、商品のPRを行うためにCMや営業活動を必要とします。現在では就職活動で企業の特性を表す際に「BtoB企業」や「BtoC企業」などの使われ方をするためになってきた。

BtoB、BtoC、BtoGは、そのうちも物品の売買やサービスの提供を行います。BtoBなど、これの用語はもともとインターネット上の商取引で使われておりました。

そうして、取引相手がある程度固定されてるため、テレビCM等が必要とされない。ではBtoBでは具体的にどういうなものを扱っていますのだろうか。

ですから、一般消費者がBtoB企業の名を目にする機会は多くないものの、BtoCに比べて取引量は膨大であって安定した企業が沢山とされます。BtoBは「企業間取引」という意味を持ちます。

「BusinesstoBusiness」の頭文字をとったもので、企業が企業を相手に商取引を行うことを指します。一方のBtoBは、主に素材や部品の取引を行います。

ただし、相手が違えば扱う物品や戦略も違いましていきます。これに対して、企業が一般消費者を対象に行う事業を「BtoC(BusinesstoConsumer)」、企業が公的機関を対象に行う事業を「BtoG(BusinesstoGovernment)」という。

今後は、BtoBで生産コストを抑え、BtoCで効率的な販売を行うという、おのおのの長所を取り入れた「BtoBtoC」というスタイルをもつ企業も増加してくるのでしょう。



BtoBとはブログ:17-11-09

無頓着ほど企業と企業の取引戦略に間違いの方法は他に無いです。逃さずリサーチをして御社の信用度アップを心得ることが俗に言うBusinesstoBusinessに必要です。


今から多くの企業間商取引戦略を頭に入れてみたいと考えている場合には、最初にあらゆる企業間商取引戦略サイトで勉強をしておくことが大切です。


BtoBコンサルトに話を聞くことで多くの企業間取引知識を知れることが可能なので是非オススメです。現在どんなBusinesstoBusiness戦略があるのかということを拝見してみることを私はオススメします。
b2bの情報Webサイトにおいては、企業間における興味付けなどのありますので、BusinesstoBusinessの際には真っ先に熟読をしてみますと良いでしょう。


色々なb2b戦略が広まっている今、効率的な興味付けが出来るハズです。貴方自身だけで無くコンサルト会社などに相談することでかなり効果的にいわゆる企業間取引戦略が可能!


企業における担当者の信頼性向上などのテクニックが俗に言うBusinesstoBusinessのガイダンスサイトにおいては、ありますので、とにかく企業と企業の取引の際には熟読をしてみますと良いでしょう。
俗に言うBusinesstoBusinessで何度も失敗している会社は世の中、実際に多くいます。基本的な知識のbtob戦略で同じ様な失敗を続けることのないためにも、的確な計画で実践してください。



ホーム RSS購読 サイトマップ